項目別説明

診察
医師が患者を視診、触診、打診、聴診などの方法により情報を得ます。
身体計測
肥満度を調べます。
眼科検査
視力の変化、眼底写真にて高血圧性、細動脈硬化性ならびに糖尿病特有な網膜変化を診ます。
色覚検査
色盲の有無を調べます。主に、小児に対し検査を行います。
尿検査
尿中の成分 (赤血球、白血球、糖、蛋白、細菌など) を調べ腎臓、膀胱、尿路系の病気、糖尿病の状態を調べます。
血液学検査
炎症の有無、貧血、血小板 (出血を止める働きをします) の異常の有無などがわかります。
生化学検査
血液検査のひとつです。肝機能、血糖、腎機能、尿酸、コレステロール、中性脂肪、甲状腺機能の異常などを調べます。
肺機能検査
肺気腫、気管支喘息などの肺疾患の有無を調べます。血圧 高血圧、低血圧の有無を診ます。
心電図
心臓が血液を送り出す為に拍動する時、心臓の筋肉が収縮して微細な電気を発生します。この電気を波形グラフ化したのが心電図です。不整脈、心肥大、虚血性変化、先天性心疾患などがわかります。
胸部X線検査
呼吸器系および心臓とその周辺の病気、骨格系の様子などを診ます。
胃部X線検査 バリウムを飲んで、食道から胃、十二指腸までの上部消化管を造影し、X線撮影して臓器の病変を診断します。
腹部超音波検査
高周波数の超音波を腹部臓器に発信しその反射波 (エコー) をコンピューターで分析し画像化して観察します。肝臓、肝内胆管、胆嚢、総胆管、膵臓、脾臓、腎臓を診る事ができます。
便潜血検査
消化管に何らかの原因で出血があると、便の中に血が混じります。少量では肉眼では認識できませんがこの検査ではわずかな出血でも検出できます。食道、胃、小腸、大腸などの消化管の病気をスクリーニングします。
子宮頚癌検査
子宮の入り口の細胞を採取し顕微鏡で調べます。子宮頚癌の他に炎症や細胞の変化もわかります。
乳房X線検査
乳房専用のレントゲンで撮影します。左右それぞれ縦横から合計4枚撮影し、しこりとして触れる前の無症状の早期乳がんを診つける事ができます。
寄生虫卵検査 便を採取し調べます。中南米に多く発症しています。