提携病院

ロサンゼルス

グッドサマリタン病院 (Good Samaritan Hospital)

1998年の U.S.News&World Reportでアメリカの最も優れた病院の一つに選ばれた同院は、1885年に設立され、現在408床のベッド数を持つロサンジェルスでトップクラスの病院です。 毎年約18,000人の入院患者、91,600人以上の外来患者をを受付、6,550件以上の手術を行っています。 グッドサマリタンは全部で54ヶ国語を話す1,500人の従業員、650人の医療スタッフがいます。信頼できる病院として推薦できます。

USC (南カリフォルニア大学病院 / Keck hospital of USC)

同院は、南カリフォルニア大学医学部と提携し、各専門病連にベッド数293床を持つ病院です。 1991年の開設以来、最先端の医療技術を追求し、画期的な診断、治療を提供してきました。また現在も世界有数の医師、教授陣の下で研究、教育が行われています。 当大学病院では、数多くのハイテク技術を取り入れた内科、外科治療が行われています。 その主な例として、三次元脳神経画像検査室、24時間転換モニター、MRI (磁気共鳴診断装置・マルチ画像復元機能搭載)、ガンマナイフ室などが設備されています。 また、臓器移植、脳神経血管内手術、心臓カテーテル、心臓血管内手術、腎結石粉砕術、個別性を重視した各種急性期リハビリテーションなどの最先端技術を行っています。 また高度技術の治療ばかりでなく、大学病院隣接のヘルスケアー・コンサルテーションセンターにて一般治療も受けられます。